このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

エシカルスタイル~いま新しい流れ
オーガニックな食の暮らし「幸せの野菜づくり」

○いま、生活者も生産者も多くの人が、自然の生態系をはじめ、環境や人間社会の規範に配慮した意識と行動を優先し、選択することを指しています。
○私たち一人ひとりがエコ・エシカルライフへの取り組みを通して、地球環境の保全をはじめ、飢餓や貧困の削減など地球的課題解決に積極的に寄与していくてことが始まっています。
○ストップ温暖化や生物多様性保全を足元から実践するために、エシカルスタイル(環境や社会、人に配慮した消費行動)の提案、「オーガニックな食の暮らし~有機の里丹波から幸せの野菜づくり」を紹介します。
○都会の暮らしの中で「大気のこと」「水のこと」「森のこと」「生き物のこと」など、人と自然とのいい関係について、食を通して楽しさをデザインしてみましょう。

エシカルスタイル~いま新しい流れ
オーガニックな布の暮らし「幸せの布物語」

○大阪でも、持続可能で豊かな暮らしに向けて環境と経済と社会の好循環したまちづくり、地域活性化の取組みが進められています。
○いま、生活者も生産者も多くの人が、自然の生態系をはじめ、環境や人間社会の規範に配慮した意識と行動を優先し、選択することを指しています。
○私たち一人ひとりがエコ・エシカルライフへの取り組みを通して、地球環境の保全をはじめ、飢餓や貧困の削減など地球的課題解決に積極的に寄与していくてことが始まっています。
○ストップ温暖化や生物多様性保全を足元から実践するために、エシカルスタイル(環境や社会、人に配慮した消費行動)の提案、オーガニックな布の暮らし「幸せの布物語」を紹介します。

生産者がみえる 手作りジャム講座
 今回は、特製ランチプレート付きで、旬の果物や野菜など国産の食材を使ったジャム作り実演。ジャムの原料となる食材の話や、家庭で簡単に本格的なジャムを作る方法も聞けます。講師は、安心とおいしさにこだわる食材専門店(株)メルカートピッコロの代表取締役で、オール国産のジャム製造も手がける中島一郎さん。食材一つひとつの生産地の風土を知り、生産者との信頼関係を築き、妥協がありません。「ウチの商品やお店を利用していただけることで、お客様にはおいしい笑顔を、そして自然な形で地域や生産者の幸せにもつながれば」。日頃の食材選びも、選び方一つで〝味〟〝安全性〟を高めることができる一方、他人任せにできない時代です。国産の食材を食べることは、日本の農家を応援する 〝社会貢献〟につながると考えます。

2016全国コットンフェスティバルin阪南

 

 

 

 

 
 

 

 ・詳細、申込み方法はこちらへ。


  このサイトに関する問合せは下記の連絡先へお願いします Copyright c2010 adagio All rights reserved
<連絡先・所在地> 〒541-0046 大阪市中央区平野町3-1-7 セントラルビル 4F(アクセス
          TEL:06-6222-3261 FAX:06-6222-3262  e-メール officegec@adagio.ocn.ne.jp